シンプルかつ魅力的なイラストで
ビジネスに新しい息吹を。

シンプルで使いやすいイラストの作成依頼・発注なら、Loose Drawingへ

制作のお問い合わせはこちら
PROJECTS

制作事例

フジテレビ「EXITV 」番組イラスト
フジテレビ「EXITV 」番組イラスト
茅ヶ崎市「バリアフリー推進ポスター」ポスターデザイン
茅ヶ崎市「バリアフリー推進ポスター」ポスターデザイン
マイナビ「マイナビニュース」記事イラスト
マイナビ「マイナビニュース」記事イラスト
「moneiro」キャラクターデザイン
「moneiro」キャラクターデザイン
日本FP協会「マネークイズ」サイトイラスト
日本FP協会「マネークイズ」サイトイラスト
Uzabase「Speeda China」サイトイラスト(1)
Uzabase「Speeda China」サイトイラスト(1)
制作事例をもっと見る
PRICE

費用

イラスト費用 キャラクターデザイン費用 制作のお問い合わせはこちら
PEOPLE

私たち

Caliboya

Caliboya (Illustrator)

1986年生まれ。武蔵野美術大学卒業後イラストレーターとして活動。

Sen

Sen (Director)

1993年生まれ。武蔵野美術大学卒業後クリエイティブ会社に就職。

Shun

Shun (Engineer)

1996年生まれ。早稲田大学卒業後システム開発会社を創業。

Natsumi

Natsumi (Videographer)

1992年生まれ。映像制作会社を経てビデオグラファーとして活動。

Moka

Moka (Designer)

1999年生まれ。武蔵野美術大学卒業後広告代理店に就職。

CONTACT

問い合わせ

※ざっくりの目安で大丈夫です。具体的な内容にあわせて、こちらから改めて見積りを提示させていただきます。

個人情報について *

イラスト制作について

ビジネスにおいて重要な役割を果たすイラスト。Loose Drawingは、シンプルかつ親近感溢れるデザインのイラストを提供しており、Webサイトや記事、書籍、ポスターなど、あらゆる媒体に最適です。

私たちは、ビジネスシーンにおける多様なニーズに応えることを心がけており、お客様のご要望に合わせたカスタマイズイラストの制作も承っています。お客様のイメージを具体的に、そして鮮明に伝えるための完璧なイラストをご提供します。

Loose Drawingには、経験豊かなベテランイラストレーターが在籍しています。ご予算に合わせて、あなたの理想を現実のものとするお手伝いをいたします。今回は、Loose Drawingを利用しようと考えているあなたに向けて、料金の相場、オーダーの流れ、おすすめのイラストサービスをご紹介します。

イラスト制作に関するご不明点やご不安を、このガイド記事を通じて解消しましょう。

目次

  1. イラスト制作の目的やメリット
  2. イラスト作成の依頼はLoose Drawingがおすすめ
  3. イラスト作成を依頼する時の金額相場
  4. イラスト作成を依頼する時のポイント、コツ
  5. イラスト作成を依頼する時の流れ

イラスト制作の目的やメリット

1. Web記事やデジタルサービスの説明用挿絵として

Web記事やデジタルサービスでは、情報の理解を深めるために挿絵が重要な役割を果たします。視覚的な魅力を加えることで、読者の関心を引き、内容の理解を促進します。

Loose Drawingでは、これらのデジタルコンテンツに最適なシンプルで分かりやすいデザインのイラストを提供しています。これにより、記事やサービスのプロフェッショナルなイメージを維持しつつ、視覚的に訴求することが可能です。

・メリット1 コンテンツの魅力を高める

Web記事やデジタルサービスの挿絵は、テキストだけでは伝えきれない魅力を視覚的に表現します。Loose Drawingのイラストは、そのシンプルでわかりやすいデザインが、コンテンツの核となるメッセージを強調し、ユーザーの興味を引きます。

・メリット2 ユーザーエンゲージメントの向上

情報の消費速度が速い現代において、視覚的な要素は読者の注意を引き付け、エンゲージメントを高めます。Loose Drawingのイラストを使用することで、読者が記事やサービスに長く留まり、内容に深く没入する可能性が高まります。

・メリット3 ブランドイメージの構築

統一感のあるビジュアルスタイルは、ブランドイメージを確立する上で重要です。Loose Drawingのイラストを活用することで、ブランドの個性を際立たせ、記憶に残りやすい印象を与えます。

・メリット4 複雑な概念の簡潔な表現

抽象的な概念や複雑な情報を、イラストを通じて簡潔かつ分かりやすく伝えることが可能です。Loose Drawingのイラストは、直感的に理解できるため、読者が難しい内容を簡単に消化できるようにサポートします。

・メリット5 アクセシビリティの向上

テキストのみのコンテンツに比べ、イラストを含むコンテンツは、視覚的な情報を通じてより多くのユーザーにアクセスしやすいです。これは、特に非ネイティブユーザーや若年層のユーザーにとって有効です。

2. 書籍やWebサイトのメインビジュアルとして

書籍の表紙やWebサイトのメインビジュアルは、そのコンテンツの第一印象を決定づけます。Loose Drawingのイラストは、独特のスタイルで視覚的な魅力を高め、対象のコンテンツを際立たせることができます。シンプルでありながらも印象的なイラストは、読者や訪問者の記憶に残りやすく、ブランドイメージの構築にも貢献します。

・メリット1 独自性の強化

Loose Drawingのイラストは、そのユニークなスタイルで書籍やWebサイトに個性を与えます。この独自性は、他の多くのコンテンツとの差別化に貢献し、特定のターゲットオーディエンスに強く訴えかけることができます。

・メリット2 感情的なコネクションの構築

イラストは、文字だけでは伝えきれない感情や雰囲気を表現するのに適しています。Loose Drawingのイラストをメインビジュアルとして使用することで、読者や訪問者との感情的なつながりを築き、より深い関与を促すことが可能です。

・メリット3 マーケティング効果の向上

強烈で印象的なビジュアルは、マーケティングキャンペーンやプロモーションの効果を高めます。Loose Drawingのイラストは、広告やソーシャルメディアの投稿など、様々なマーケティングツールで使用することで、ブランド認知度の向上に貢献します。

・メリット4 ターゲットへの明確なメッセージ伝達

イラストは、ブランドやコンテンツのコアメッセージを明確に伝えるのに有効です。Loose Drawingのイラストは、そのシンプルさとクリアな表現力で、ターゲットに対して直接的かつ効果的にコミュニケートすることができます。

・メリット5 視覚的な調和と統一感の提供

統一されたビジュアルスタイルは、書籍やウェブサイト全体の調和を生み出します。Loose Drawingのイラストは、色彩やデザインの面で統一感をもたらし、全体の美的品質を高めます。

3. 教科書や動画教材などのメインコンテンツとして

教育用のコンテンツでは、イラストが学習内容の理解を助ける重要な役割を担います。Loose Drawingのイラストは、教科書や動画教材に適したシンプルで親しみやすいビジュアルを提供します。子供から大人まで、幅広い年齢層に響くデザインで、学習者の注意を引きつけ、教育内容をより効果的に伝えることができます。

・メリット1 学習効果の向上

Loose Drawingのイラストは、複雑な概念や仕組みを直感的に理解しやすい形で表現します。これにより、生徒さんがより簡単に新しい情報を吸収し、記憶に留めることが可能になります。

・メリット2 興味と好奇心の喚起

カラフルで創造的なイラストは、学習者の興味を引き、好奇心を刺激します。これにより、学習に対する積極的な姿勢が促され、より深い学習へと繋がる可能性があります

・メリット3 視覚的な学習スタイルのサポート

イラストは重要な学習ツールです。Loose Drawingのイラストは、視覚を通じて情報を伝えることで、テキストだけでは伝わりにくい内容も明確に理解できるようにします。

・メリット4 教育コンテンツの魅力的なプレゼンテーション

教材を視覚的に魅力的にすることは、学習者のモチベーションを高める上で重要です。Loose Drawingのイラストは、教材をより魅力的で関心を引くものに変え、学習体験を豊かにします。

・メリット5 多様な教育コンテキストへの適応

Loose Drawingのイラストは多様な教育コンテキストに対応できるため、科学、語学、社会、歴史など、様々な分野で利用することが可能です。それぞれの分野の特性に合わせたイラストを提供することで、内容の理解を深めます。

4. オリジナルキャラクターとして

オリジナルキャラクターの作成は、ブランドやプロダクトのアイデンティティを形作る上で欠かせない要素です。Loose Drawingでは、企業のイメージやメッセージを体現する独自のキャラクターをデザイン業務も行っています。これらのキャラクターは、製品の認知度向上やマーケティング戦略の一環として活用でき、ターゲットオーディエンスとの親和性を高めます。

・メリット1 ブランド認知度の向上

オリジナルキャラクターは、ブランドや製品の認知度を高める強力なツールです。Loose Drawingでデザインされたユニークなキャラクターは、視覚的に印象に残りやすく、ブランドの識別性を高めます。

・メリット2 感情的なつながりの構築

キャラクターは人々と感情的なつながりを築くことができます。Loose Drawingのキャラクターは、親しみやすさや親近感をもたらし、消費者との長期的な関係を築く助けとなります。

・メリット3 マーケティング戦略の多様化

オリジナルキャラクターは、広告やプロモーション活動に新たな次元をもたらします。Loose Drawingのキャラクターは、SNSキャンペーン、イベントプロモーション、商品パッケージングなど、多様なマーケティング手法で活用できます。

・メリット4 ターゲットの拡大

ユニークなキャラクターは、特定のターゲットを超えて、幅広い層にアピールする可能性があります。Loose Drawingのキャラクターは、子供から大人まで、異なる年齢層や背景を持つ人々に魅力を感じさせます。

・メリット5 製品やサービスの差別化

オリジナルキャラクターは、競合他社との差別化に貢献します。Loose Drawingのキャラクターは、製品やサービスに独自性と個性を付加し、市場での際立ちを助けます。

・メリット6 SNSとの相性

現代のマーケティングにおいてSNSの役割は非常に大きいです。キャラクターはSNS上でのシェアや話題性を生み出しやすく、バイラル効果を促進する可能性があります。

イラスト作成の依頼はLoose Drawingがおすすめ

1. イラスト制作の経験豊富さ

Loose Drawingでは、イラスト制作に10年以上の豊富な経験を持つプロフェッショナルなイラストレーターが在籍しています。私たちは、ビジネスプレゼンテーションからキャラクターデザイン、広告用ビジュアルまで、幅広いジャンルの用途に対応したイラストを制作してきました。この経験は、多様な顧客のニーズに応え、最高品質の結果を提供する基盤となっています。

2. コスパが最強

Loose Drawingは、効率的な少数精鋭のチームで運営されており、代理店や制作会社に比べて低コストでサービスを提供できる点が大きな強みです。私たちは、高品質なイラストを手頃な価格で提供し、クライアントの予算内で最適なソリューションを実現します。これにより、あらゆる規模のプロジェクトに対応可能です。

3. 制作だけではなく要望に合わせた提案が可能

Loose Drawingはのメンバーは、広告代理店やデザインコンサルのバックグラウンドを持つ多才なプロフェッショナルです。過去にディレクション業務を行ってきた経験を活かし、ただ単に制作するだけでなく、クライアントの要望に応じたクリエイティブな提案を行うことを得意としています。これにより、単なるイラスト制作を超えた、総合的なビジュアルソリューションを提供します。

イラスト作成を依頼する時の金額相場

下記の価格はあくまでも平均的な金額帯です。具体的な内容や書き込みの具合によって、これらの価格は低くなることも、または高くなることもあります。プロジェクトの規模や要望の詳細によって、最終的な見積もりが変動することをご了承ください。

お気軽にお問い合わせいただき、具体的なニーズに基づいた正確な見積もりを提供させていただきます。

1. 単純なイラスト

7,500円〜10,000円/点。これらは比較的シンプルなデザインのイラストで、書き込み要素が単一のものに限られます。ブログ記事や小規模な広告に適した、基本的なイラストが含まれます。

2. 複雑なイラスト

15,000円〜20,000円/点。こちらは書き込みの要素が多く、ディテールが豊富なイラストです。企業のプロモーション用資料や専門的なコンテンツに最適で、クリエイティブな表現が求められる場合に適しています。

3. キャラクターデザイン

ベースデザインは50,000円〜100,000円/点。これにはキャラクターの基本デザインが含まれます。

さらに、追加カットや特定のポーズ、表情の変化などは、5,000円〜8,000円/点で依頼できます。

イラスト作成を依頼する時のポイント、コツ

イラスト作成を依頼する際に、気をつけておきたいポイントについて。

まず、依頼したいイラストに関して、そのイメージに近いリファレンスをできるだけ提供して頂けると嬉しいです。参考になる写真や類似イラスト、もしくは出来るだけ具体的に言語化された要望テキストなど。希望がはっきり伝わるほど、成果物が求めているものに近くなる可能性が高まります。また、イラストやキャラクターデザインは、まず一度ラフの段階でお見せして、そこからフィードバックをいただき本制作に映ります。制作物ができあがってから一部修正することもありえるので、スケジュールに余裕を持たせて頂くと幸いです。

イラスト作成を依頼する時の流れ

1. お問合せ連絡

本ページにあるお問合せフォームよりお問い合わせください。もし具体的に制作内容や、スケジュール、予算などがある場合、できるだけ詳細に記入いただけるとよりスムーズに進みます。

*基本的に3営業日以内には返答しておりますが、お客様のメール設定によってGmailがブロックされてるケースもあります。返答がない場合、迷惑メールボックスなどをご確認してみてください。

2. イメージのすり合わせ

より納得のいくイラストを制作するためには、お互いの認識のすり合わせが欠かせません。そのためにも、そのイメージに近いリファレンスをできるだけ提供して頂けると嬉しいです。参考になる写真や類似イラスト、もしくは出来るだけ具体的に言語化された要望テキストなど。

*制作点数が多い、制作期間が長い大型の案件に関しては、基本的にZOOMやGoogle Meetなどでオンライン打ち合わせを実施しています。一方で、制作点数が少なく、具体的なイメージがクリアな場合はメールのみで進行させていただくことが多いです。

3. 見積もりの提示

イメージのすり合わせが完了した後、具体的な作業内容に基づいて見積もりを提示します。この見積もりには、制作にかかる費用と時間、想定される修正回数やその他などが含まれます。予算やスケジュールに関するご要望がある場合は、この段階で詳細を調整します。

4. ラフ案の制作

見積もりにご同意いただいたら、まずはラフ案を制作します。このラフ案は、下書きのようなもので、イラストの概要となる大まかな構図や色合い、登場する人物やものなどを確認できます。ラフ案を基に、さらなる詳細や修正点を確認し、最終イラストに向けた基盤を築きます。

*あくまでもラフスケッチなので、粗い線で少々抽象的に描かれることが多いです。ご理解いただけますと幸いです。

5. 本番イラストの制作

ラフ案に基づいて制作の方向性が決まりましたら、本番用のイラスト制作に入ります。この段階で、細かなディテールや色彩、タッチなどを精密に仕上げます。制作途中での進捗報告や、必要に応じて追加の修正を行いながら、お客様の要望に合った最終的なイラストを完成させます。

*本番イラストのフェーズに移行しましたら、特殊なプロジェクトケースを除いて、基本的にはラフまでの巻き戻しは不可能となります。

6. 納品

イラストが完成し、最終確認を経てデジタルデータとして納品します。納品形式は、PNGやJPEG、必要に応じてベクター形式のAIファイルなど、お客様のニーズに合わせて調整可能です。納品を持ってプロジェクトは完了となります。